0458615111

診療科

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション

“リハビリテーション”と言うと手術後の機能回復というイメージがありますが、老齢犬の筋力維持・肥満犬のダイエット・運動不足解消の個人(個犬)ジムなど利用目的は様々!
飼い主様のニーズ、ワンちゃんの状態に合わせて楽しくリハビリテーションを行いましょう!
合言葉は“Let’s Enjoy Rehabilitation!!”【LER】

リハビリチーム紹介

実は動物の専門的なリハビリテーションは日本ではまだそれほど普及していません。
当院では専任スタッフによるチームを結成し、取り組んでいます。
まずはチームの要になる獣医師をご紹介!

医師
リハビリテーション科
  • 嶋田 竜一
  • 整形・神経疾患に詳しく、骨・筋肉をこよなく愛す。目標は骨・筋肉を透視できるようになること!
リハビリテーション科
  • 古藤 寛規
  • 同じく整形・神経疾患に詳しく、運動神経抜群。歩くのに困っている子を見つけるとついつい治したくなります。

次にご紹介するのは実際に“LER”を飼い主様と実践していく(美人)看護師達です!

看護師
リハビリテーション科
  • 鈴木 里実
  • ハイテンションのお調子者!犬のリハビリテーションについて学術発表もしました。このページを作成したのも実は私です。
リハビリテーション科
  • 向井 奈都美
  • いつも笑顔の頼れる姉貴!シニア教室も担当しています。
リハビリテーション科
  • 三橋 有紗
  • 老犬大好き!マッサージもお手の物。シニア教室も担当しています。

それぞれが今も様々な場で知識と技術を学び、皆様の力になれるように日々精進しています。

リハビリ器具紹介

さて、実際にどのような器具を使いリハビリをしていくのかを簡単にご紹介したいと思います。

アクター

アクター

大きな器具で専用のコルセットを着用し、上から吊るすように使います。足にかかる負荷をコントロールしてあげることにより歩けない子や、バランスが上手くとれない子でも起立することができ、運動機能の回復に効果を発揮します。

バランスパッド

バランスマット

低反発素材のマットです。リハビリに慣れていない子にも実施しやすく、後肢の筋力アップなどに使用します。

バランスディスク

バランスマット

円盤状で接地面が少なく不安定な構造をしていることで、乗った時にバランス感覚を鍛えることができます。表面の凸凹が肉球を刺激し、足先の感覚の強化に繋がります。

ドーナッツ

バランスマット

ドーナッツ:バランスボールの一種で高さがありますが、完全な球体ではないので安定感もあります。 バランス感覚や、後肢の筋力アップなどに使用します。

ピーナッツ

ピーナッツ

これもバランスボールの一種で楕円形ですが真ん中が少しくぼんでいるので、前肢を乗せやすい作りになっています。バランス感覚や、後肢の筋力アップなどに使用します。

カバレッティーレール

カバレッティーレール

ポールをまたいだりくぐったりすることによって関節を動かす運動をします。

電気刺激療法

バランスマット

電気刺激により神経と筋肉を刺激します。筋力低下時や運動量が減った子におすすめです。

マッサージ

筋肉のコリをほぐし血液・リンパの循環を良くします。お年寄りやリハビリ前後のウォームアップ、クールダウンに行います。

このように各種器具を効果的に使い分けることで、当院のリハビリテーションは進行していきます。

施術までの流れ

これを読んで『うちの子もやってみようかしら』と思ったあなた!リハビリを受けるまでの流れをお教え致します
リハビリは完全予約制になっています。まず直接・もしくはお電話でご相談ください。
その後リハビリチームの獣医師が診察し、どこまでのリハビリができるのか判断します。
診察が終わったら担当の看護師とリハビリスタート!
初回5000円〜(1時間) 継続2800円〜(30分〜)
体の状態や通院の頻度などに合わせてプログラムを組み、その内容に応じて金額が変わります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
一緒に行うことも、お預かりして行うこともどちらも可能です。ご都合に合わせてご相談ください。

症例報告

当院のリハビリテーション科で実際に施術を行っていたわんちゃんの報告です。
ぬのかわ通信vol.10 老犬のリハビリテーション
ぬのかわ通信vol.16 老犬のリハビリテーションⅡ(マッサージ・ストレッチ療法)

診療科