0458615111

診療科

呼吸器科

呼吸器におこる病気は多彩です。しかし、症状は咳をする、痰を吐く、呼吸が苦しそう、呼吸の音がおかしい、くしゃみ、鼻水が出るなどであることが多いです。それぞれの症状でどこに問題があるのかを見極め、治療にあたり症状を改善させることが呼吸器診察では大切になります。

咳外来

咳は喉、気管、気管支、肺にトラブルがあると出ます。また心臓病が進行することでも咳が出ます。はじめてわんちゃん、ネコちゃんの咳を見られる方は、その症状が咳だと気付かないことがあります。症状の動画を撮影していただくと、それが本当に咳なのか、更に咳の仕方によっては病変の位置の特定に役立つことがあるため、お持ちすることをお勧めします。治療は原因によって異なるため、咳が呼吸器からくるものなのか、心臓病によるものなのかを判断しながら原因を調べていきます。

気管が細くなり出る咳

気管虚脱
ヨークシャー・テリア
気管虚脱

気管の粘膜同士が接触するために激しい咳がでます。咳をし始めると止まらなくなるため、咳を止める治療と気管の炎症をとる治療が必要になります

心臓が大きくなり出る咳

心拡大
チワワ
心拡大

気管は心臓の背中側にあり、心臓病で心臓が大きくなると気管が背中側に圧迫を受け、その刺激で咳がでます。心臓病と咳に対する治療を考える必要があります。

気管支の炎症による咳

慢性気管支炎
ミニチュアダックスフンド
慢性気管支炎

気管支壁の肥厚が認められ、痰を吐き出す咳をします。咳は痰を吐き出すためにしているので、咳を止める薬は、痰を閉じ込めてしまい、病状の悪化を起こすことがあります。
痰を吐き出すことを促す治療を行います。
慢性疾患であり、放っておくと軽い咳だけの症状が、肺気腫や気管支拡張症を合併し、呼吸が苦しくなり、治療を困難とします。

いびき外来

いつもいびきをしている。ズーズー、ガーガーという呼吸音がする。いびきの途中で呼吸が止まる、また睡眠時に呼吸が苦しそうで眠れない。

主な原因

鼻から喉にかけての空気の通り道のトラブルが原因です。短頭種と呼ばれる犬種(ブルドック、パグなど)では空気の通り道が狭くなってしまうことが多く、その程度に応じて呼吸が苦しくなってしまいます。また他の犬種でも炎症や腫瘍、異物などによって同じ症状が見られることがあります。 細くなった空気の通り道を矯正する手術や呼吸を安定させるためのお薬が必要になります。

短頭種は空気の通り道が狭くなってしまうことが多い

呼吸が苦しそう

呼吸困難という症状は息苦しさを自覚する症状ですが、わんちゃんや猫ちゃんは苦しいと教えてはくれません。息をはあはあ苦しそうにしていたり、浅く速い呼吸で苦しそうにしている場合などは呼吸困難です。呼吸困難の原因は呼吸器からの場合もありますが、どこかが痛くて呼吸が荒くなっていたり、血液成分の変化で過呼吸になっていたりするので、呼吸器疾患以外の原因の特定も重要です。

肺癌検診

人と比べてると肺がんの頻度はわんちゃん、猫ちゃん多くはないですが、高齢になると認められることがあります。症状がないことも多く、早期発見が困難です。また、症状があることがその後の治療の見通しが悪くなることもあります。
高齢にさしかかったら、一度健康診断をお勧めしています。
健康診断(わんにゃんドック)のページへ

悪性組織球性肉腫(バーニーズマウンテンドック)

わんにゃんドックのレントゲンで肺に影が認められました。
胸腔鏡で肺を生検し病理検査で調べた結果、悪性組織球性肉腫でした。

胸腔鏡
胸腔鏡で腫瘤化した肺を生検している様子

腫瘍化した肺
腫瘍化した肺

抗がん剤治療、分子標的薬、免疫療法を行い、145日目のレントゲン検査で肺の影が消失しました。

肺の影
2箇所肺に塊状の影が認められる

治療後
治療後、145日目に影は消失

診療科