0458615111

診療科

泌尿器科

泌尿器について

泌尿器とは、尿を作り排泄する器官です。腎臓(尿を作る)、尿管(腎臓から膀胱に尿を送る)、膀胱(尿を貯める)、尿道(尿を体外に出す)が含まれます。中でも腎臓は重要な働きをしており、生命の維持に欠かせない臓器です。泌尿器のトラブルのサインは、おしっこの回数・量が多い、おしっこがでない、血尿といったものから、元気がなくぐったりしている、毛づやが悪い、食欲がない、嘔吐など様々です。中には緊急を要するものもあるので、お早めにご相談ください。

検査

尿検査

腎臓の機能が低下すると尿が薄くなります、尿検査では尿の薄さを確認します。また、尿中の様々な成分(菌、炎症細胞、腫瘍細胞、結晶)を検出します。

血液検査

尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)など腎臓の数値やイオンのバランスなどを調べ、全身状態を確認します。

超音波検査

腎臓や膀胱の内部の確認をします。

代表的な病気

膀胱炎

細菌の感染や結石などにより膀胱に炎症がおきる病気です。頻尿、血尿、尿が臭う、尿が濁っている、トイレを失敗する等の症状がみられます。尿検査や超音波検査で原因を調べ、治療を行います。猫ちゃんは感染がなくてもストレスが原因で繰り返し膀胱炎をおこすことがあり、特発性膀胱炎と呼ばれます。トイレの環境を確認したり、食事療法を行い再発を防ぎます。

正常な膀胱の構造

エコー検査 正常な膀胱の構造

膀胱炎を起こした膀胱

エコー検査 膀胱炎を起こした膀胱
粘膜がザラザラしています

尿路結石

腎臓、尿管、膀胱、尿道に結石ができる病気です。尿路結石は構成される成分によってストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)、シュウ酸カルシウム結石、尿酸結石、シスチン結石などに分けられます。結石があると膀胱を傷つけて膀胱炎を繰り返し引き起こします。
オスでは尿道がメスより狭く、結石がつまり尿が出なくなると、急性腎障害になり命の危険を引き起こすことがあります。尿が出ない、尿をするときに鳴くなどの症状が見られる時は注意が必要です。
ストラバイト結石は食事療法で溶解することもありますが、シュウ酸カルシウム結石は溶けないため、手術が必要です。 当院では膀胱切開術を内視鏡手術で行うことが可能であり、術後の合併症が少なくて回復が早く、傷口も小さくて済みます。

エコー検査 膀胱内の結石

エコー検査 膀胱内の結石を認められます。

内視鏡下で膀胱結石の摘出

内視鏡下で膀胱結石の摘出

腎臓病

腎臓病は結石や中毒などにより急性に発症するものと、年齢とともに少しずつ進行する慢性のものがあります。慢性腎臓病では、腎臓に障害を与えるさまざまな病気などが少しずつ腎臓の組織を壊すので、老齢のわんちゃんや猫ちゃんほど腎臓病になる割合が大きくなります。
慢性腎臓病の治療は残っている腎臓の機能を悪化させないようにする保存療法が主体となり、腎臓に負担がかからないように食事管理(低塩分、低リン、食物繊維による窒素源の吸収抑制、良質な蛋白質、抗酸化ビタミンの添加など)と積極的な水分補給を行うことが大切です。保存療法は早い段階で始めると良いことがわかっており、早期に腎臓病を検出することが重要になります。中~高齢期のわんちゃん、ねこちゃんは定期的に腎臓の検査を受けられることをお勧めします。

正常な構造の腎臓

正常な構造の腎臓

慢性腎臓病で萎縮した腎臓

慢性腎臓病で萎縮した腎臓

診療科