0458615111

ブログ

歯列矯正

こんにちは。獣医師の石田です。

今回は歯列矯正についてご紹介します。


人では歯並びやかみ合わせの調整のために
歯列矯正をするのが一般的ですが、ワンちゃんも全く同じです。

歯を移動させたり、並びきらない歯を抜いたりして
快適に過ごせるよう調整します。

抜歯前

画像は7ヶ月齢の子犬ちゃんです。

永久歯への生え変わりがうまく行かず、
乳歯が抜けないまま永久歯も生えてしまっています。
黄緑○が乳歯赤○が永久歯です)

この状態が長く続くと永久歯の移動がうまくいかないので
かみ合わせに多大な影響を及ぼします。

(これは小型犬には珍しくない症状です)

矯正後


この子犬ちゃんの場合は、
乳犬歯(きば)が適切な時期に抜けなかったために
下顎の永久犬歯が舌側に生えすぎて、
上顎に当たってしまい傷を作っていました。

また、上顎につっかえていたので、
予定の長さまで生えることもできなくなっていました。

そこで、
上の犬歯は後ろ側へ(下の犬歯が生える隙間を作る為)

下の犬歯は頬側へ(上顎に刺さらないようにする為)

移動させる歯列矯正処置を行いました。

経過後

下顎の犬歯は上顎に当たることなく伸びることが出来、
上顎の傷も治りました。


生え変わりの時期にはこまめな確認が必要です。
(特に永久犬歯が乳犬歯の1/3の長さが生えてきても
乳犬歯が抜けない場合には、抜歯処置が必要です。 )

おとなのわんちゃんも、日頃から口の中をチェックしてみて下さいね。

汚れの度合い、歯や歯肉の色、口臭などを点検し、
異常が感じられたらすぐにご来院下さい。

ブログ