0458615111

ブログ

復帰しました!

ご無沙汰しております、看護師の向井です。
ご挨拶が遅くなりましたが、
獣医師 平野と同じく産休・育休でお休みを頂いており、
4月半ばから復帰いたしました
フレッシュな新メンバーと共に、フレッシュな気持ちで日々頑張っています!

復帰して約1ヶ月。
「久しぶり~!」と声をかけてくださる方もいて嬉しく思っています。

中には「どうしたの?」「なにしてたの?」など気にかけてくださる方もいますので、
ここで少し今までの話を。

2017年9月末から突然姿を消す様にお休みに入ったため、
ご心配やご迷惑をおかけした方もいました。
大変申し訳ありませんでした。
本当であれば、きちんとお話しをしてからお休みに入りたかったのですが、
安定期に入りそろそろお話しを…と思った矢先に『子宮頸管無力(※)』が発覚。

その後入院や手術をし、産まれるまでひたすら安静生活を送っていました。
このような経過だったため、なかなかお話しができずにいましたが、
昨年無事出産を終え、我が子はすくすくと育っておりますのでご安心ください!


日々の子育ての中で感じることもたくさんありますが、
妊娠中の入院、手術、長期安静生活の中で感じたこともたくさんありました。

まずは、少しでもおかしいと思ったら病院へ!!!
これは声を大にして言いたいです。
わたしの場合、定期検査ではなく気になるから一応…と受診したらそのまま入院でした。
あの時受診してなかったらと思うとゾッとします。


なので、わんちゃんねこちゃんの様子がいつもと違う、など
少しでもおかしいと感じることがあれば診察に来てくださいね。
(もちろんご家族みなさんもおかしいと思ったら病院ですよ!)

そして、入院への不安、手術への恐怖、術後の不快感、点滴失敗されると痛い、安静生活ってかなりきつい…などなど、
当事者にならないとわからない気持ちです。
来院し、処置や入院、手術、安静指示を受けるわんちゃんねこちゃんはこんな気持ちなのかな?と過ごす毎日でした。
この時感じた”当事者の気持ち”を忘れずに、これからの仕事に活かしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!


(※『子宮頸管無力症』とは、本来は適切な時期まで閉じている内子宮口が開いてしまうもので、
赤ちゃんが大きくなるとどんどん開いてしまうため、時期を待たずに産まれてしまう可能性があります。
程度で対処の方法は変わりますが、わたしの場合は手術で子宮口を縛り、出産可能な時期まで持ちこたえることができました。)

19-05-29-14-22-48-265_deco

新人紹介①

こんにちは、獣医師の松田です。
3月には急なお休みを頂いてしまい、
みなさまにはご心配とご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。

頚椎亜脱臼で入院一歩手前でしたが、
お陰様ですっかり良くなり
今は元気にお仕事させていただいております!

 

今日は4月に入社した新人さんの紹介をします。

獣医師3年目藤田 理公 先生です。

 

藤田先生は帯広畜産大学出身で、
6年間スキー部に所属し、
シーズン中は週に4回もゲレンデで滑っていたそうです。

レーシングの大会に出ることもあったんだとか!

北海道のパウダースノーのゲレンデが庭だったなんて羨ましい限りです。

 

卒業後は滋賀県のNOSAI2年間 牛の獣医さんをしていました。

その頃から外科に興味があったようで、
小動物分野でも外科を頑張りたいと抱負を語ってくれました!

 

病院猫のこげじいちゃんと仲良しショット!
とっても可愛いですね、こげちゃんがね(笑)

写真① 写真②

とても親しみやすく、前向きで明るい笑顔の素敵な先生です。

これから藤田先生を宜しくお願いします。

獣医師 平野 復職のお知らせ

こんにちは。獣医師の平野です。

昨年1月より産休・育児休暇をいただいておりましたが、
5月より復帰いたします!
診察はもう少し先に、分院をメインに行う事となります。
決まり次第、お知らせいたします。


まだまだ新米ママとして奮闘する日々ですが、
育児を通したくさんの気づきを得ています。

例えば、子供が体調を崩し病院に連れていくときも、
初めてのこと、そして自分のことでないとこんなにも不安な気持ちになるのか
と思ったり、
子供の歯磨きの練習と犬猫の歯磨きの練習は同じ方法で行うのですが、
上手くいってる日が続くと思っていたら、
上手くいかない日が続き、
継続することの大変さを思い知ったり…^^;


この気づきを生かして、
診察でもご家族の不安に寄り添い、なんでもご相談いただけるよう
していきたいと思っております。

20190504140654
よろしくお願いいたします!

ブログ