電話
アクセス
ドクター
予定表
WEB予約
Page Top

細胞療法科

再生医療について

再生医療とは、細胞を体外で培養して、それを移植することによって病気や怪我の治療に役立てる治療法です。この再生医療に使用するのが幹細胞という細胞です。
幹細胞とは、細胞を生む細胞で、分裂することによって同じ幹細胞になることもできるし、また他の細胞に変化(「分化」)してさまざまな器官や臓器を作ることもできる特別な細胞です。
最近では幹細胞から分泌されるサイトカイン(細胞が産生するタンパク質)による抗炎症作用や免疫調整作用が注目されています。
幹細胞は骨髄や臍帯や脂肪の中に豊富に存在することがわかっています。当院では皮下脂肪の幹細胞を利用する脂肪由来幹細胞療法を行っています。

脂肪由来幹細胞療法とは

脂肪由来幹細胞療法とは、少量の皮下脂肪から幹細胞を分離し、それを培養して細胞を集め、患部に直接移植または点滴によって体内に投与することによってダメージを受けた患者さんの細胞や組織を修復・再生させる療法です。点滴によって投与された幹細胞は、損傷や炎症を起こしている場所へ集まることがわかっています。

当院では患者さん自身の細胞を投与する「自家移植」と健常ドナーの細胞を投与する「他家移植」をお選びいただけます。通常の臓器移植では、免疫細胞が他人の細胞を敵とみなして攻撃する拒絶反応が起こりますが、幹細胞はこの拒絶反応から逃れやすいという性質があります。健常ドナーの幹細胞は院内で凍結保存してありますので、培養期間を待たずにすぐに投与できるというメリットがあります。

当院での治療例
  • 脊髄疾患(椎間板ヘルニアや外傷性脊髄損傷)
  • 脳炎
  • 肝炎
  • 炎症性腸疾患
  • 慢性腎臓病
  • 自己免疫性疾患(多発性関節炎など)
自家移植
他家移植

よくあるご質問

Q
脂肪はどのようにして取るのですか?
A
鎮静または全身麻酔下で通常は脂肪の豊富な鼠径部(足の内側の付け根)から採取します。健常ドナーからの採取は、主に若い子の避妊手術の際に行いますのでおなかの皮下脂肪を使います。
Q
副作用はありますか?
A
軽い発熱がまれにみられる程度で、副作用はほとんどありません。
Q
入院は必要ですか?
A
病気の種類や患者さんの状態にもよりますが、点滴で投与する場合は半日ほどお預かりさせていただき日帰りで治療することもできます。

がん免疫細胞療法について

がんの治療は、1.外科手術、2.化学療法、3.放射線療法、の三大治療が主流です。
これに継ぐ第4の選択肢としてがん免疫細胞療法があります。
がん免疫細胞療法とは、血液中に存在する免疫系細胞を取り出して培養し、それを体内に戻すことによって患者さんの免疫力を高めてがんの進行や再発を抑える治療法です。
当院では活性化リンパ球療法と樹状細胞療法を行っております。

活性化リンパ球療法とは

がんとは、体内の細胞がコントロールを失い、細胞分裂を繰り返して大きなしこりとなったり転移したりする病気です。ヒトでは毎日約5000個の細胞ががん化していると言われていますが、通常は免疫が働いてがん細胞は排除されます。
活性化リンパ球療法とは、患者さんの血液から免疫細胞の一種であるリンパ球を分離して、それを体外で約1000倍に培養してから点滴によって体内に戻し、がん細胞を攻撃するという療法です。
また、免疫力があがることにより活動的になったり食欲が回復するといった一般状態の改善も期待されます。

樹状細胞療法とは

樹状細胞とは、免疫細胞の司令塔のような細胞です。
樹状細胞ががん細胞に出会うと、がん細胞を食べてがんの目印を手に入れます。そしてその目印をリンパ球に教えてリンパ球にがん細胞を攻撃させます。

樹状細胞療法とは、がん細胞の目印を得て司令塔となった樹状細胞を培養して増やし体内に戻すという方法です。
活性化リンパ球療法と組み合わせると、複合的な効果が得られます。

治療の流れ

  1. 動物の体格に応じて6~12ml採血をします。
  2. この血液からリンパ球を回収し、院内で2週間かけて培養しリンパ球を活性化・増殖させます。
  3. 採血から2週間後にこのリンパ球を回収・洗浄して点滴で体内に戻します。

投与間隔や回数は、症状をみながら主治医と相談して決めます。
通常は2週間ごとの投与を計4~6回継続し、その後は1ヶ月ごとの投与をおすすめしています。

よくあるご質問

Q
がんは治りますか?
A
免疫細胞療法は大きながんを小さくしたり、転移を起こした末期がんを完治させることは期待できません。1㎝のしこりには数十億個のがん細胞が存在するのに対し、投与できるリンパ球は1~5億個だからです。
ですが、がんの進行を遅らせたり、再発を防止する効果は期待できます。また進行したがん患者さんでも免疫療法によってがんによる苦痛を和らげ、食欲が改善したり活動性が増すなどして通常の生活を送ることができるという報告が多くあります。
Q
他の治療法と併用できますか?
A
できます。外科手術や放射線治療後のがん再発予防として投与したり、抗がん剤やサプリメントと併用してその効果を高めることが期待できます。
Q
副作用はありますか?
A
軽い発熱がまれにみられる程度で、副作用はほとんどありません。
Q
入院は必要ですか?
A
点滴で投与するため半日ほどお預かりさせていただきますが、日帰りで治療することができます。

症例報告

当院の細胞療法科で実際に施術を行っていたわんちゃんの報告です。