0458615111

ブログ

待合室ではゆったりと!

こんにちは、看護師の三橋です^^

本院の物販コーナーにてマナーウェアの販売を始めました♪

最近は、ドッグカフェやドッグラン、ペットショップの店内などでも着用義務があったり、安心して過ごせるようにすすんで着用する方が増え、浸透してきましたね!

我が家のジャックも、緊張したり興奮するとちびってしまう事があるので(汗)、お出かけの際には愛用しています^^♪

受付にいると、院内でのマーキングや粗相が心配なかなか落ち着いて過ごせないオーナーさんを多くお見かけします。
もちろん、もし院内でしてしまってもマナーカートのグッズでお掃除できるようになっていますので、ご安心していただいて大丈夫!!
とはいえ、飼い主心としてはなかなか落ち着けないお気持ちもよくわかります。


でも、この時のオーナーさんの緊張って、わんちゃんにも伝わりやすいんです。
病院慣れしていない子や、病院に苦手意識がある子は、
オーナーさんの落ち着かない様子を感じ取ってさらに緊張してしまう事も。


少しでもオーナーさんが待合室でゆったりと過ごしていただく
事で、
わんちゃんねこちゃんの緊張も少しでも解ける
ように、
私たちも日々工夫をしていますが、もし「粗相が心配」で落ち着いて過ごせない方にはぜひおすすめです!

 

もちろん、生理中の子にもおすすめ!

また、普段から愛用している子のご来院時にはストックをお持ちいただかなくても、替えが必要になった時にはこちらでご購入していただけるようになります^^

わんちゃんのおさんぽバッグって備えを考えるとどんどん荷物が多くなってしまいますよね^^;

 

ちなみに、
「うちは病院好きだし平気かな~」「うちの子にはあんまりピンとこないな~」
という方にもお伝えしておきたいポイントが!

「マナーウェアは早い内から慣れておくのがとっても大切!」

なぜかというと・・・
・将来おむつが必要になった時に、おむつを許容してくれない事がある
・避難所などで過ごさなくては行けなくなった時に、突然必要になることがある

という点です。

 

最初のうちは、マナーウェアの違和感で頑なにトイレをしてくれない子もいます。
いざ必要になった時に、付けることを嫌がったり、付けてもトイレをしてくれなかったり・・・
とお互い苦労してしまうんです。

そのため、近年では「パピーの時からマナーウェアのトレーニングを!」と言うほど、
早い段階で慣れておくことが推奨されています^^

 

最近はかわいいデザインも増えて、ファッション感覚でも楽しめるような製品が増えました♪

院内ではお試し感覚で使える小袋を販売いたしますので、この機会にぜひご利用ください!

川西先生の愛犬ももちゃんがモデルになってくれました^^♡

deco_2020-03-11_17-08-20

ももちゃんはマナーウェアを着てもご機嫌さんです^^♪

deco_2020-03-11_17-05-14

 

※夜間やお留守番など長時間の使用で排泄量が多い場合は、マナーウェアではなく「おむつ」をおすすめします。形は同じですが、吸水力が違いますので使い分けが必要です。

※マナーウェアやおむつを使用する際は、排泄物が長時間皮膚に付着したままにならないように定期的なチェックを忘れずに行ってください!皮膚炎や、股擦れに注意しながら正しく使用しましょう。

“動物の看護師さん”

こんにちは、看護師の三橋です。

メディア情報でも更新されましたが、
実はこの度、私も題材にしていただいた書籍が発売されます・・!!

タイトルは「動物の看護師さん 動物・飼い主・獣医師をつなぐ6つの物語」

411heAsDt3L._SX342_BO1,204,203,200_


そう、この本は「6人の動物看護師」をモデルとした実話なんです。
救急、猫の病院、腫瘍専門医など、6つの専門分野における動物看護師のそれぞれのストーリーとなっています。
私は「シニア犬介護」の分野で登場させていただきました。

 

今でこそ、様々なシチュエーションで「動物看護師」と名乗ったときに
「あぁ、動物病院の看護師さんね」と言ってもらえる事がほとんどになりました。

とはいえ、その続きには「それってどんな仕事なの?獣医なの?トリマーなの?」「シャンプーする人?」「受付の人?」「お手伝いさん?」と聞かれることが未だ少なくありません。

今回執筆された保田さんも、最初は動物看護師という職業をよく知らなかったそうです。

そんな中、保田さんはライターとしてのお仕事で多くの動物病院に足を運び、たくさんの動物看護師と接するうちに「なんて素敵な仕事なんだ」と興味を持って下さり、「動物看護師さんを題材に本を書いてみたい」と思ったそうです。

そして私にもお声がけいただき、私が動物看護師を目指したきっかけや経緯、当院で行ってきた活動、出会い、別れなどをひとつのストーリーとして執筆してくださいました。

 

詳しいことは読んでのお楽しみ・・・!!
ということで、内容についてなどあまり書けませんが・・・

なにより「動物看護師」という仕事が世の中に知られるひとつのキッカケになれば嬉しいです。
「とりあえず動物病院の看護師さんだという事は知っている」という方にも、実際に私たちが「どんな想いでどんな仕事に携わっているのか」を知っていただけるかと思います。

 

昨年、愛玩動物看護師法が制定され、動物看護師(愛玩動物看護師)という職業の国家資格化が決まりました。
これもまた、本当に喜ばしいことです。

もちろん、私たち現職の動物看護師も改めて受験をする必要はありますが、動物看護師という仕事の職域が明確になり、世の中に認められる。それすら10年前にはとても考えられないことでした。

まずは皆さんに知っていただき、必要としていただくこと。

そのためにはもちろん、現職の私たちが日々研鑽し、進化していくこと。

日々の忙しさにとらわれて、大事なことを忘れないようにしたいと思います^^!

まだまだ私自身も至らぬ点が多いと思いますが、気づけば4月には入社12年目に突入します!
若いスタッフたちのパワーをたくさん借りながら(笑)
少しでも多くのわんこ・にゃんこ・ご家族の力になれるよう頑張ります!

 

気づけば熱くなってかなり脱線してしまいましたが、
当書は全国の書店もしくは各WEBショップで販売されます。

amazonでは発売日が2日早い3/16だそうです!

 

ぜひ手に取っていただけると嬉しいです^^♪

ブログ