0458615111

ブログ

新人紹介

こんにちは、獣医師の川西です。
今日は4月に入社した新人さんの紹介をします。

私が紹介するのは、
当直のパートナーである看護師和田佳子さんです。

日本獣医生命科学大学の卒業で、
大学ではしつけヒトと動物の関係ついて幅広く勉強されていました。


なつちゃんという柴犬を飼っていて、
このなつちゃんがとてもお利口なんです。
大学で学んだしつけが活かされてますね!
先代も柴犬で、認知症の介護の経験もあるそうです。

仕事はまじめで、覚えが早く、優秀なので
当直パートナーとしても期待してます!
image2

つづいて!

歯みがき教室 3/20と3/28のご参加は
チュロちゃんと、もこちゃんでした!


2018-04-02_14.20.22
お口を触るのが少し苦手なチュロちゃん。
まずはゆっくりと慣らせてあげることが大切です!
期間は長めに設定して飼い主さんが焦らないように
気持ちに余裕をもって歯磨きにチャレンジするのが大切です!

2018-04-02_14.25.21
もこちゃんは奥の方を触るのが少しイヤイヤ。
歯石も着き始めていました。
お口の前側は歯ブラシを当てることができたので、
徐々に奥まで磨けるように頑張りましょう!

遅くなりましたが…

3/13日に歯磨き教室へ参加してくれたのはむぎちゃん!
2018-04-01_20.55.51

わんちゃんの歯磨きって、
向かい合ってやるか、横からやるか…どの向きでやればいいのか悩みますよね。

向かい合った状態でやらせてくれるのであれば、一番お口の中を見やすいのでベストです!
あとはお膝の上にごろんと仰向けでもやりやすいですよ!
ワンちゃんが受け入れてくれる磨きやすい体勢をみつけましょう!!

セミナー参加

こんにちは。獣医師の池田です。

先月、Veterinary Endopscopy Japanという
小動物の内視鏡手術講習会に出席してきました。

ikeda2

この講習会では、
犬の腹腔鏡下胆嚢摘出を初めて論文にまとめて報告されたDr.Mayhewが出席されていました。
現在もアメリカの最小侵襲手術の普及のため第一線でご活躍されているドクターで、
8年ほど前に私が腹腔鏡手術を始める際に基本を教えていただいた先生でもあります。

また、私の大学時代からの恩師である浅野先生が座長を務められ、
日本の小動物医療における腹腔鏡手術の先駆者である江原先生金井先生の講義もあり、
とても学ぶことの多い講習会でした。

その他にも人医療における腹腔鏡手術のエキスパートである萩原先生もいらっしゃって、
人医療と獣医療における腹腔鏡手術の違いこれからの展望について、
様々な貴重なご意見をいただくことができました。

現在、人の医療おいて腹腔鏡手術は多数の術式が保険収載され、
特殊な手術という位置付けではなく、一般的に選択される手術方法として普及しています。

その背景にはやはり術後の負担の少なさがあり、
この点については動物においても同様に期待されるところです。

しかし、動物においては機器のコストや医療体制の問題(1人では実施できない)、
手術侵襲に対する認識の違い(動物は人にくらべ痛みを訴える手段が限られ、伝わりにくい)から、
腹腔鏡を行っている先生はまだまだ少ないのが実情です。

また、腹腔鏡手術は操作の特殊性から開腹手術との対比がよく行われ、
中でも危険性についてクローズアップされることが多い手術です。

私も腹腔鏡による手術を始める以前は、
難しくて危険だろうという先入観がありました。

ただ、実際に腹腔鏡手術を行うようになってから8年ほど経ち、
腹腔鏡だから危なくて開腹手術だから安全ということは言えないと感じるようになりました。

腹腔鏡には内視鏡特有の手技と方法があり、
その原則が開腹手術とはいくつかの点で異なりますが、
それらを理解して行う限り、腹腔鏡だから危ないということはありません。

むしろ、切開創の割に視野がよく、慣れてしまえば細かな操作も十分行うことができ、
また手術に参加するものが視野を共有しやすいため、
安全面において開腹手術よりも優れる点もあります

大切なことは、腹腔鏡で安全に行うための知識と手技をしっかりと見に付けることで、
結局それは開腹手術に臨む際に心がけることと同様のことでもあります。

 

私が現在、腹腔鏡および胸腔鏡で行っている手術は、
避妊手術(卵巣、子宮摘出)
腹腔内精巣(陰睾)摘出
予防的胃固定
膀胱結石摘出
胆嚢摘出
腎臓摘出
副腎摘出
胸管結紮
各種生検(肝臓、膵臓、腎臓、心膜、胸膜)
などです。

 

取り組み始めた頃は、比較的手技が容易な避妊手術を中心に行っていましたが、
理解が進み、技術面での自信がつくに連れ、徐々に実施可能な手術が増えていきました。

実施した中にはなかなか思うようにスムーズに進まず、苦労した経験もあります。
それによって負担をかけてしまった際には大変いたたまれない思いに沈むこともあります。

ただ、やはり負担が少ないからか私が期待している以上に良い経過を辿ることもあり、
うまく行かなかったからと言って簡単に諦めてしまってはいけないとも感じます。

いずれにしても必要とされる限りやらない理由はなく、そうするためには訓練をするしかありません。

 

今回のセミナーでは私の実施した胆嚢摘出の動画を
ビデオクリニックという形でセミナーに出席された先生方に供覧していただき、
人医の荻原先生にアドバイスをいただく機会に恵まれました。

ikeda1

そうすることで、自分では気づかなかった視点や改善点を見つけることができ、大変有意義な時間となりました。

今よりもっと良くなるようにまだまだ修練は必要ですが、
何かお役に立てることもあると思いますので、手術でお困りの際はご相談ください。

 

また、この分野では質問をいただくことが多くありますので、
来月以降、ぬのかわ通信にも記事を上げていきたいと思います。

ちょっと遅くなりましたが…

2月の歯磨き教室レグル君の参加でした!

2018-03-14_23.21.13


ご飯大好きレグル君は、
歯の違和感から食欲が落ちてしまいました。


歯石取りをしましたが、歯は思っていたよりも綺麗でした!!
それでもその後は食欲も戻り、いつも通りのレグル君に戻りました!

違和感の感じ方って個体差があるんだなぁと再確認!
歯磨きして大好きなご飯をいっぱい食べてね♪

ご報告

こんにちは。
看護師の大西です。

この場を借りて、ご報告をさせていただきたいと思います。

先日のパピークラスでお伝えいたしましたが、
3月31日をもちましてぬのかわ犬猫病院を退職させて頂くこととなりました。

7年間、動物看護師として働かせていただいて、
動物たちから オーナー様方から スタッフから 
たくさんのことを学ぶことができました。

病院を離れることになりますが、
いままでの経験を活かして頑張っていきたいと思います。

これからもうちの子が、ぬのかわ犬猫病院にお世話になる予定なので、
見かけたら声をかけて頂けるとうれしいです!

7年間ありがとうございました。

1521023657444

大西広峻

今回の歯磨き教室は

レイちゃんの参加でした!
2018-02-03_14.55.27

レイちゃんはリハビリもしているので、
歯磨き教室をしているお部屋(リハビリ室)は慣れっこ♪
リラックスして受けてくれました☆

すでにお家でのケアは始められていましたが、
歯ブラシでのケアがうまくいかないとのことで参加されました!

実際やってみて頂くと…意外と出来てる!!
なのでポイントをお伝えして続けてもらうことに(^^)

実際にお家で使っている歯ブラシを見せていただくと、
ブラシ部分がわんちゃんに使うには固かったので
柔らかいものに変更してもらいました!

参加された方には実際に歯ブラシを触ってもらいますが、
皆さんブラシの柔らかさにビックリされます!

どんな歯ブラシのを使ったら良いのかお悩みでしたら、
スタッフにお声がけください♪

バスボムワークショップ

こんにちは!
トリマーの鈴木です!

先日、看護師の三橋と共に
「わんちゃんと楽しむワークショップ バスボム作り」を行いました!

バスボムと聞くと、人間がお風呂に入る時に使うイメージがありますが…
実は、わんちゃんにも使用できるバスボムを作ることが可能なのです!

「お年寄りで病院でのシャンプーは不安…」
「おうちでのシャンプーをもっと充実させたい!」

そんな方には、ぴったりですね(^^)

今回はわんちゃんも同伴OK!ということで、一緒に参加してくださった方もいました!

image1 (2) image2 (2)

「みんな真面目な顔してなにしてるの??」
と言いたげなかわいいお顔!

作る前にまず、効能や注意事項の説明をし、

image3 (2)

image4 (2)
「かまってもらえなくてひまだなぁ…」

一通り説明をした後に、実際に作ります!
image1
なかなか力のいる作業に、みなさま腕まくりに椅子から立ち上がったりと本気です!!
image2 (3)
「みんなそんなに夢中でなにしてるの??」


そして出来上がり!
image5 (2)
とてもきれいにできました!
image3
「これ、食べられる?」

食べてはいけません!笑
image4
バスボムを使った清拭のやり方にうっとり…(´-`)笑

今回ご参加頂いたみなさま、ご参加いただきありがとうございました(^^)
今回はご参加頂けなかった方も、
お家でのシャンプーの仕方に不安やわからないことがあれば是非聞いてください!

わんちゃんと少しでも楽しく幸せな時間が過ごせますように…(*´-`)

第31回 シニア教室

こんばんは、看護師の三橋です^^

みなさん、20日に放送されたNHK「おはよう日本」はご覧いただけましたでしょうか?
なんと、「くらしり」というコーナーの中でシニア教室の様子が放送されました!!
見逃してしまった方のために、
放送をシニア教室紹介ページ内でもご覧頂けるように準備中です!

その収録も行われた第31回の様子をお伝えします^^♪

今回、一緒に収録を頑張ってくれたのは…

PhotoGrid_1517137234627

トイプードルコロンちゃん 7才
ポメラニアンティアラちゃん 9才
Mix風太くん 12才
シュナウザーコリンくん 14才

の4組です♪
わんこ4頭+ご家族総勢8名+スタッフ2名+収録スタッフ4名で・・・
リハビリ室史上最大人数(!)でのとっても賑やかな会となりました!

初めての大きなカメラや音声マイクに、
みんな少し怖がってしまうかも…?と心配していたんですが…

PhotoGrid_1517138719937

さすが、お兄さんズは堂々としたものです^^!!

放送の映像では、トレーニングやマッサージが取り上げられましたが、
いつも通りもちろんお勉強の時間も!
お勉強の内容は、放送内でのスタジオでも少し紹介されましたね^^

そして、一部放送でも紹介された室内トレーニング

PhotoGrid_1517137943318

まだまだ元気いっぱいの女の子チームスクワットに挑戦!
「お座り」と「立って」を繰り返し行います^^

ふたりともおやつに大興奮しながらも、
初めてのトレーニングに一生懸命トライしてくれました♪

お兄ちゃんズ座布団や固いクッションを用いて行える
簡単な昇り降り運動に挑戦!

リポーターの上村さんとも挑戦したり、
頼もしい姿を披露してくれました^^♪
(本人たちはおやつしか目に入っていませんでしたが…!!笑)

 

今回も笑顔いっぱいのクラスになりました!

今回、コロンちゃんは初参加でしたが、
3組はシニア教室へのご参加は2回目以上!

時間が経つとわんちゃんの調子や悩みごとが変わってきます
いままでの卒業生も、
復習はもちろん、改めて今の状況に合わせてお勉強をしに
ぜひ遊びに来てくださいね♪

 

そして、シニア教室も初開催から今月で丸3年(!!)となり、
送り出したかわいいシニア達は、なんと80頭を超えました!!

これからも「ハッピーシニア」を合言葉に、
笑顔あふれるシニア期を過ごせるご家族が増える事を願って、
出来る限りのお手伝いをしていきますので宜しくお願い致します^^!!!

 

2月のシニア教室開催予定
2/8(木)13:30〜、2/17(土)13:00〜 

皆様のご参加お待ちしております♪

シニアペットセミナー

こんにちは、看護師の渡邉です。

皆様、先日の大雪では大変な思いをなさった方が多かったのではないでしょうか。
私は出勤でしたが、帰宅時に外の風景を見て、
思わず笑うしかありませんでした。

image1


以前埼玉に住んでいた時はJRを利用していましたが、
こちらに越してきてからは地下鉄を利用しています。
今回の事で地下鉄の強さには心底驚きました。
あの気候の中たった10分の遅延のみだったのです。
感動さえ覚えました。

さて、では本題に入らせて頂きます。
大雪の前日、1月21日にシニアのペット向けのセミナーに行ってまいりました。

内容と致しましては、
人間同様高齢化しているペットさん達の介護用品の紹介・使用方法・今後の課題でした。

私自身シニア教室のお手伝いをさせて頂いているので、
少しでもお手伝いできる幅を広げられたらと思い、参加致しました。

約80名程の獣医師・看護師が参加しており、
グループ毎にわかれて実際の商品を使用し、
機能性やデザイン性、使いやすさや、改良点、
今後どの様なものがあるとより良いかなど、ディスカッションを行い、
他の病院ではどの様に使用しているか、どの様な形で患者様にご利用頂いているか等、
とても勉強になりました。

image2

当院にも色々な商品があるので、
まずは自分で実際に様々な場面で使用してみて、勉強するところから始めようと思います。

皆様にシニア教室等で還元出来るよう、精進して参りますので、今後も宜しくお願い致します。

ブログ